1. ホーム
  2. チアシードとは
  3. ≫チアシードってゴマ?どんな食感がするの?

チアシードってゴマ?どんな食感がするの?


たった10gで現代人が必要とする栄養素が全て補えるスーパーフードとして
注目を浴びたチアシード

名前は聞いた事あるものの、一体どんな見た目でどんな食感なのか
気になりますよね♪

今回は自称チアシーダーの私が実際にチアシードを食べてみた時の感想を
お伝えしたいと思います!

1.チアシードってゴマなの?

あの黒くて小さくてプチプチした見た目からゴマと勘違いする人も多いチアシードですが、
実はチアシードは「シソ科サルビア属ミント」、つまりミントの仲間なんです!

tiamint

なので、若干のハーブ臭もします。

チアシードは「チア」という植物の種で、元々はメキシコを中心に南米で栽培されていましたが
最近ではオーストラリアでも栽培されるようになってきたようです。

2.どんな食感がするの?味は?

ゴマのような見た目からそのままサラダなどに振りかけて食べたくなりますが、
チアシードは水に触れる事で10倍ものサイズに膨れ上がるのでそのまま食べるのは危険です!

まずはしっかりと水で戻して、チアシード特有のゼリー・チアジェルが出てきてから
食べるようにしましょう。

チアジェル どんな食感?

では、この戻したチアシードを実際にそのまま食べてみると・・・


無味・無臭でした♪


ほんの少し、ハーブのような匂いはしましたが基本的に無味無臭で、
レシピの応用も利きそうな予感です♪


そして気になる食感ですが、チアジェルは結構ドロッとします!
もっとプルプルしてるかと思いきや、ドロッとしていていました!

ですが、やはり「種」なので黒い部分はプチプチとした食感です♪

とは言っても、ゴマよりも小さな粒なのでヨーグルトなどと混ぜれば
まったく気になりませんでした。

こんなお手軽に摂取できるとは、チアシードは忙しい現代人にとっても
スーパーフードですね♪